進行を抑える処置をしてくれる

口元

歯科治療のなかでも特に優先順位が高いのが歯周病治療であり、堺の歯科の人気メニューとなっています。歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がないので放置している人が多いですが、進行性の疾患のため注意してください。歯がぐらぐらしていたり、歯ぐきから出血していたりする場合は要注意ですが、毎日歯をみがいているのに口臭が強い場合も疑われます。口腔環境が以前より悪化してきたと感じる場合は、検査を受けてみるのが好ましいです。堺には歯周病に特化した歯科があり、適切な施術によって進行を遅らせてくれます。ひとたび発症すると完治しない症状ですが、最小限に抑えることによって健全な口腔環境の人と同じように生活ができます。一方で放置しておくと将来的に歯を失ってしまう要因となり、成人してから歯を失うリスクは虫歯を超えているのです。歯科では具体的な予防対策のアドバイスをしており、禁煙または減煙をする必要がある、口呼吸を改善させる、生活リズムを健全化させるなどわかりやすく説明してくれます。正しい歯みがきの方法も教えてくれるので、自宅でのセルフケアに役立てられるでしょう。口腔を健全にするためには定期健診が役立ちますが、本当に大切となる部分は毎日の歯みがきです。3~6か月に1回のペースでメンテナンスを受けていても、間違った歯みがきを正さなければすぐに歯垢や歯石が溜まってしまうからです。

口腔環境を健全にする必要性

診療室

歯垢はベタベタした物質であり、これを放置しておくと唾液中のカルシウムと反応して歯石に変わってしまうのです。毎日歯みがきをしているのに歯がザラザラして困っている場合は、すでに歯石が沈着していると考えられます。歯石の厄介なところは研磨剤入りの歯みがき粉を使用しても除去できないことで、さらに歯石が溜まっている部分には堆積するように歯石が付着していきます。歯石が大量に付着すると歯と一体化してしまい、どこまでが自分の歯なのか判別できなくなる場合もあるでしょう。堺の歯科では歯周病対策として洗口液を使用し、みがき残しを調べる対策も行っています。自分ではしっかりとみがいていると考えていても、実際は想像以上に歯垢が残っていたりします。歯周病対策では歯石をスケーリングやPMTCなどで除去し、それから歯ぐきを引き締めていく対策が取られるのです。間違った歯みがきの改善、定期的な歯科健診の実施などを勧められます。いずれにしても歯周病治療後は、正しいホームケアを継続することが治療の要になります。

湯川歯科医院

審美的にも衛生的にも大好評を得ている堺市でオススメの矯正歯科

大阪TTC梅田歯科医院

ゆったりとホワイトニング治療大阪で多くの方から支持される歯科

グリーン歯科(緑和会)

安心できる、目立たない矯正三重で受けるインプラント治療

南大阪ペリオインプラントクリニック

なるべく切らず、なるべく抜かない堺市で受ける歯周病ケアに特化した歯科